投資で失敗しないために

インターネットで検索すると、投資で失敗して、莫大な金額の借金を抱えてしまったりなどという悲惨なホラーストーリーであふれています。自分の身にそのようなことが起こらないように気をつけましょう。

2017年04月の記事一覧

NISAの制限の金額の中でフリービットへの投資!

少額投資非課税制度NISAは、少額の場合に適用されるものですから年間に投資可能な金額に制限があるわけですが、しかし当初の100万円から現在は120万円に増えています。一度に一社に投資しても毎月10万円を定期的に使ってもよく自由に計画が立てられますのでとても使い勝手もよい制度です。NISAは配当金がどれだけ高くなっても税金が掛からないですから、今後急成長しそうな新しい企業に投資するのが良いことになります。そういうところは株価が急上昇する可能性も高いからですからですが、その候補の一つと考えられますのがフリービットです。フリービットは21世紀になってから設立された若い会社ですが、他の有望企業とビックデータや人工知能に関する研究の提携を結んだり、また別の企業とモバイル事業をを共同で行なうなどを続々と展開していまして今後がとても楽しみな企業です。また最近では、電力自由化に伴いまして電力卸事業にも参入しています。フリービットは若い顧客の注目が多いですから、電力に関しましてもその世代が利用するのではないかと期待されています。また株式投資家にとりましては、フリービットという企業はメリットが多いことも注目です。まず自社株買いです。フリービットは2015年に自社株買いを発表しましたが、これを行ないますと市場に出ている株数が減りますのですでに株を持っている人は株価がその分上がるメリットがあります。株主にとりまして利益は配当金と株主優待ですが、フリービットは2016年の下期から優待の内容を変更しまして、100株で3000円相当の自社関連会社モバイル通信サービス契約の初期費用が無料になります。興味はあったけれどもこれまで始める機会がなかったという人には良いきっかけになります。株主への配慮を次々と展開するフリービットは有望な投資先です。

続きを読む