投資で失敗しないために

インターネットで検索すると、投資で失敗して、莫大な金額の借金を抱えてしまったりなどという悲惨なホラーストーリーであふれています。自分の身にそのようなことが起こらないように気をつけましょう。

2017年05月の記事一覧

分配金非課税のNISA投資!円安時は輸出企業有利?

投資で得た配当金や分配金、譲渡益などはそのまま自分の収入になるイメージが強いですが、実際はそうではありませんで税金がかかります。現在は復興特別所得税がありますがそれを除いて20%の課税です。これに加えまして売買の手数料がありますので合計はかなりになります。これでは特に少ない予算で投資をしている人には多税感が大きいですが、そこで利用すべきなのが少額投資非課税制度NISAです。これを利用するには専用の口座を開設しそこから投資を行なう必要があるのですが、こうしますと分配金などを非課税にできるのです。NISAには年間で120万円までという金額の制限枠があるのですが、しかしそもそも少額で投資を行なっている人向けですし、限度額があることで初めからお金を使い過ぎないという防御にもなりますので両得です。実際に株を買う会社を選ぶ場合に注意するのはそこの事業と外国との関係です。上場している日本の会社は国内で人気商品をいろいろ販売しているイメージが強いわけですが、実際はそういう製品を作っている主力の工場が実は外国にあったり、国内の事業は実は少数で今では世界各国で上げている利益がその会社のメインだったり、ということが多々あります。これらは、ただ商品を買う顧客の立場ではわからないことでして、投資を始めて各企業を研究することになって初めてわかることです。ですから実際に株を買う際には、どういう国と関係が深いかといった具体的な分析が必要ですし、円高円安や原油安などの影響がその会社の事業にどう影響するかも考えていかなくてはいけません。例えば円安ですと輸出側が有利ですから海外へ商品を販売している企業は得で、高い株価を維持できるということになります。

続きを読む